<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
湯浅誠・津田大介講演会「自分で動く 社会を動かす」のお知らせ
f0063881_1623291.gif
関西大学映像文化学会は、下記の講演会を共催します。

関西大学文学部学術講演会
「自分で動く 社会を動かす」
湯浅誠氏(社会運動家)
津田大介氏(ジャーナリスト、メディア・アクティビスト)

  日時:7月6日(金) 13:00~14:30
  場所:関西大学千里山キャンパス 第1学舎1号館  千里ホールA
  参加費、事前申込不要

貧困、震災、原発、「橋下改革」など、現在の日本がかかえるさまざまな問題をめぐって、活動分野を 異にしながら、それらすべてを「わたしたち」の問題ととらえる二人のアクティビスト=活動家が、そ れぞれの立場から議論しつつ、学生、そしてすべての人々にかたりかける初対談。
「自分ひとりが何かやっても、どうせ何も変わらない、と感じている人が世の中の圧倒的多数だと、た しかに自分ひとりが何かやっても、誰も反応してくれないので、結果的に何も変わりません。というこ とは、自分が誰かに反応できれば、ベクトルは逆転していくかも? なんだ、できることってあるんじゃ ないか...ということを考えていければと思います。」(湯浅誠談)

詳細はこちら↓
http://www.kansai-u.ac.jp/calendar/archives/2012/07/post_17.html
[PR]
by eizoubunka | 2012-06-25 18:09
トマス・ラマール教授講演会のお知らせ
f0063881_1623291.gif
トマス・ラマール教授の講演会が下記の通り開催されます。ふるってご参加ください。

トマス・ラマール教授(マギル大学)講演会
エクスプローデッド・プロジェクション——技術的パラダイムと日本アニメ

 日時:2012年7月5日(木)15:00~17:00
 場所:京都大学吉田南キャンパス総合館南棟334教室東棟101演習室(会場が変更になりました)
 司会:門林岳史(関西大学)
 使用言語:日本語
 *入場無料・事前登録不要

本講演は、デジタル技術の衝撃に対して現代アニメがもたらす洞察を、日本のアニメ・メディアアート・物質文化ならびにハリウッドのSFX映画を実例として検討する。イメージと運動が組織される既存のモードがデジタル技術によって容赦なく脱-構造化された結果、イメージのフローとイメージの世界の組織化を構造的に把捉にあたっての新たな支配的モードとして、爆発する投影(exploded projection)が現れた。日本アニメの世界的ブームはもとより、現代においてアニメーションが遍在する一因は、イメージの組成という次元においてアニメーションが作用する傾向に存する。そうしたアニメーションの傾向が、運動とフローの新たなモードへとイメージ空間を開くとともに、新たな技術的パラダイムを作動させているのである。
[PR]
by eizoubunka | 2012-06-18 16:49 | 各教員からのお知らせ
阿部マーク・ノーネス教授講演会のお知らせ
f0063881_1623291.gif
下記の通り、阿部マーク・ノーネス教授を招いて講演会を開催します。ふるってご参加ください。


阿部マーク・ノーネス教授(ミシガン大学)講演会
Translating Calligraphy

 日時:6月27日(水)17:00-18:30
 場所:関西大学千里山キャンパス尚文館503演習室
   (キャンパスマップ→http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html)
 使用言語:英語・日本語

Calligraphy and cinema have an intimate relationship in East Asia. Indeed, the ubiquity of the brushed word in cinema is one element that actually ties works in Korean, Japanese and Sinophone Asia together as a regional cinema. On first glance, cinema and calligraphy would appear as radically different art forms. On second glance, they present themselves as sister arts. Both are art forms built from records of the human body moving in (an absent) time and space. How does one adequately subtitle a calligraphic script, attaching the dead letter of helvetica to a linguistic text whose visual materiality is so spectacularly central to meaning making? How does investigating this very problem lead us to rethinking the nature of the cinematic subtitle, which is very much alive―a truly movable type?

主催:関西大学映像文化学会(http://eizoubunka.exblog.jp/)

f0063881_16532284.jpg
[PR]
by eizoubunka | 2012-06-14 22:31