<   2007年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
専修スタッフによる出版物のお知らせ
 最近、映像文化専修の教員が関わった書籍が2点出版されました。

f0063881_18322097.jpg
 堀 潤之氏が翻訳されたコリン・マッケイブ『ゴダール伝』(みすず書房、2007年)は、ヌーヴェル・ヴァーグの代表的な存在として知られるジャン=リュック・ゴダールの全キャリアを振り返った大著です。


f0063881_18262641.jpg 笹川慶子氏が共訳者として参加されたボードウェル+トンプソン『フィルム・アート−映画芸術入門−』(名古屋大学出版会、2007年)は、アメリカで最も定評のある教科書とも言われている大著の待望の翻訳で、映画芸術の基本がこの一冊に凝縮されています。『映画の教科書』(フィルムアート社)と並ぶ基本文献と言えるでしょう。
[PR]
by eizoubunka | 2007-09-30 18:34 | 専修からのお知らせ