<   2007年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
第2回プレ・ステューデント・プログラムについて(報告)
 2月24日(土)に第2回のプレ・ステューデント・プログラムが終了しました。7名の参加者に、自分の好きな映画をプレゼンしてもらいました。

 参加した皆さんが選択した映画は、
  エドワード・ズウィック監督『ラスト・サムライ』(2003)
  ロバート・ルケティック監督『キューティ・ブロンド』(2001)
  クリス・コロンバス監督『レント』(2005)
  フランク・ダラボン監督『ショーシャンクの空に』(1994)
といった最近のハリウッド映画が多かったものの、
  ジャン=ピエール・ジュネ監督『アメリ』(2001)
  阪本順治監督『この世の外へ/クラブ進駐軍』(2003)
  三木聡監督『亀は意外と速く泳ぐ』(2005)
といったフランス映画や日本映画を選択した方もいました。

 いずれにしても、10分という短い発表時間でしたが、皆さんの発表はポイントを押さえたしっかりしたもので、上映する抜粋の選択もうまく選ばれていたと思います。人によって、物語の流れに注目したり、技法的な事柄に考察を加えたり、あるいは俳優の存在感の強さや魅力、重要な台詞やセンスの良い小物の使い方にまなざしを注ぐなど、多様なアプローチがなされていましたが、それはそのまま、映画を学習・研究するときの着眼点の多さを表しているように思います。

 今後も、ただなんとなく映画を見るのではなく、見た映画の魅力や工夫などについて語ることができるよう、大切に一本一本の作品を見ていってほしいと願っています。
[PR]
by eizoubunka | 2007-03-08 13:27 | プレ・ステューデント