トマス・ラマール教授講演会のお知らせ
f0063881_1623291.gif
トマス・ラマール教授の講演会が下記の通り開催されます。ふるってご参加ください。

トマス・ラマール教授(マギル大学)講演会
エクスプローデッド・プロジェクション——技術的パラダイムと日本アニメ

 日時:2012年7月5日(木)15:00~17:00
 場所:京都大学吉田南キャンパス総合館南棟334教室東棟101演習室(会場が変更になりました)
 司会:門林岳史(関西大学)
 使用言語:日本語
 *入場無料・事前登録不要

本講演は、デジタル技術の衝撃に対して現代アニメがもたらす洞察を、日本のアニメ・メディアアート・物質文化ならびにハリウッドのSFX映画を実例として検討する。イメージと運動が組織される既存のモードがデジタル技術によって容赦なく脱-構造化された結果、イメージのフローとイメージの世界の組織化を構造的に把捉にあたっての新たな支配的モードとして、爆発する投影(exploded projection)が現れた。日本アニメの世界的ブームはもとより、現代においてアニメーションが遍在する一因は、イメージの組成という次元においてアニメーションが作用する傾向に存する。そうしたアニメーションの傾向が、運動とフローの新たなモードへとイメージ空間を開くとともに、新たな技術的パラダイムを作動させているのである。
[PR]
by eizoubunka | 2012-06-18 16:49 | 各教員からのお知らせ
<< 湯浅誠・津田大介講演会「自分で... 阿部マーク・ノーネス教授講演会... >>