レイモン・ベルール講演会のお知らせ
 ヨコハマ国際映像祭2009の招聘で来日するフランスの高名な映像理論家レイモン・ベルール氏が、早稲田大学(東京)と関西大学(吹田市)で講演を行います(講演内容は同じです)。
 サイレント末期のドイツ・ドキュメンタリー映画の傑作『日曜日の人々』(ロベルト・ジオドマク、エドガー・G・ウルマー共同監督、1930年)に現れる「画面静止」の瞬間を手がかりに、映画と写真の相関について論じます。

講演題目:映画と写真の出会い——『日曜日の人々』における不確かな2分間
講師:レイモン・ベルール(フランス国立科学研究センター名誉研究主任・雑誌『トラフィック』編集委員)

(東京)
日時 2009年11月4日(水) 15時〜17時
会場 早稲田大学文学学術院(戸山キャンパス)第一会議室(プレハブ校舎2階)
主催 早稲田大学、早稲田大学演劇映像学会

(関西)
日時 2009年11月9日(月) 16時20分〜18時20分
会場 関西大学(千里山キャンパス)第1学舎1号館A401教室
主催 関西大学(関西大学招へい講演会)、関西大学映像文化学会

協力 ヨコハマ国際映像祭2009
通訳付き 入場無料・予約不要

f0063881_1332272.jpg

[PR]
by eizoubunka | 2009-10-16 19:03 | 各教員からのお知らせ
<< 関西大学映像文化学会blogリ... ヨコハマ国際映像祭2009 >>